メリットたっぷりの電子タバコ、でもデメリットもあることは忘れないで

電子タバコは自分にも周りの人にも優しいのです

普通のタバコを吸うくらいなら電子タバコに変えた方がよっぽどおすすめです。何しろニコチンが入っていません。依存症となり止めることが出来なくなるようなことはなく、あくまで趣味としてタバコを純粋に楽しめるようになるでしょう。

ニコチンだけでなくタールも入っていないし、健康への影響は一気に減ります。出てきている煙もその正体は水蒸気、吸っていなくとも周囲の人まで健康被害をもたらしていた従来のタバコとは大違いです。やにが無ければお部屋が汚れることもなし、歯だって綺麗なままです。灰が落ちることだってなくと、清潔な状態を保てます。

電子タバコは節約にも役立ちます

最近は一般的なタバコのお値段がぐっと上がりました。それに比べるとコストパフォーマンスの良さも電子タバコのメリットです。道具を揃えなければならないのですから初期費用はそれなりにかかりますが、後はリキッドを買い足すだけです。止めるときにニコチンパッドなど禁煙補助薬を購入することもなく肺が弱って病院にお世話になるようなこともなし、なので長期的に見ればかなりお得と言えるでしょう。

電子タバコの持つデメリットとは

導入を検討するにあたって、デメリットもあることは知っておく必要があります。

初期費用はかかる、ですから短期間お試しする程度であるとコスパは悪いと言えます。加熱して水蒸気を出してその香りを楽しむという仕組みの電子タバコ、出てくる煙には害がないですが中で高温が発生しています。小さなお子さんにやけどの害を与える心配もあり、取り扱いには注意が必要です。本体を取り換えて自分好みにカスタマイズするのも電子タバコの楽しみ方ですが、無茶な改造で思いもよらない事故を起こす心配もあるのです。

vapeのタバコフレーバーは、万人受けするメンソールだけでなく、甘い香りがするものやスッキリとしたものなど色々なものが出回っています。